【WS】カラドン(Caladon)

カラドンに来るには、タラント図書館でケンドリック・ウェールズ(Kendrick Wales)の本を手に入れます。ケンドリックは欲しい本を元にこの本を書いたらしい。しかし欲しい本は図書館にはないらしい。それから適当に人と話すとカラドンの場所を教えてくれます。場所に関してバージルは故意に役立たずです。

 

※ 以下、つるっとネタばれ

カラドンですることとしては、本を持っているコレクター ビクター・ミスク(Victor Misk)の家に行きます。残念ながら本人は数日前に溺死していて、執事と嫁(と女)がいます。

死ぬ数日前におかしな行動が多かったこと、欲しい本「ダークエルフの恐怖(Horror Among the Dark Elves)」は夫と夫の親父しか知らない場所にあるらしいことがわかります。(そのあとちょっとやり取りがあって、プレイヤーは墓の中にあるんじゃないかと推理する

ケンドリックに情報を売った奴を追跡するには、床に落ちているパスポートを見つけて家にいって家捜しして、手紙を手に入れます(この時点でもシラを切られる)。さらにタラントに戻って手紙の差出人の住所を突き止めて、そいつの家に行ってなんとか話を聞き出して、カラドンに戻ります。

コレクターの家に戻って嫁に話をすると、犯人は殺されていました。とりあえずここで用はなくなりましたが、別の依頼で必要な本もあります。

で、バージルが同行者にいる場合に墓地に入ると、バージルはパーティから離れてローレンス・ブルモンド(Lawrence Brummond)という名前の墓の前にしばらくいてます。バージルは特に何も言いませんが、タラントで調べるとローレンスの新聞記事が出てくる(が、バージルからの反応は特にない)。

ビクター・ミスクの墓荒らしは、深夜になるまで待って、ついでにシャベルが必要です。墓守りのドワーフを説得してもいいし買うなり盗むなり拾うなりしてもいい。
(マグナスがいれば別のイベントもあります。)

ミスクの墓を暴きますが、中には土産が入っています。そして土産の場所(ローズボロー)に行くことになります。シャベルは持ったままで!


さらに後になりますが、パスポートとマッチを持ち続けていると新しい情報が得られる。

以下、オプションクエスト全部ぶちこみ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【メモ】Twitter始めました

記事化未満のゲームの話はこちらです

» 続きを読む

|

【WS】クインタラ(Qintarra)

※ ざっくりネタバレ注意


おこもりしているシルバーレディ(Silver Lady)に会う必要がありますが、娘のレイブン(Raven)に信用ならんと阻止されます。彼女の信用を得るためには依頼を受けなければなりません。

依頼: ファルコンス・エック(Falcon’s Ache/ファルコンの痛み)にいる人間を、戦闘なしで追い払う。

この場で戦闘なしなのは、(以下、レイブンが話す長い長い長い神話)が理由で、ファルコンス・エックで誰かを傷つけるとそいつは死ぬからです。最も楽な方法は、

(ネタバレ開始)
その人間に、ここはビル・ゲイツ違うギル・ベイツがビジネス展開を考えていて、さっさと引き払えば口利きしてやると言う。
もしくは、わざと挑発してあっちがこちらを傷つけるとあちら側全員死ぬらしいですが、腐れAIの同行者をコントロールするのが面倒なので、嘘つく方が楽です。

(ネタバレ終了)

再びレイブンのところに行けば話を聞いてくれてシルバーレディに会わせてくれます。シルバーレディは長文くっちゃべりますが、ほとんど意味をなしていないので、レイブンに翻訳してもらいます。

レイブンはフルボイスだからそんなにしんどくないよ!

それで、ダークエルフが関わっているらしいことが分かり、「私が幼い頃(注意:レイブンはエルフなので相当歳いってる)にクインタラに来ていたタラントのレンフォード・A・テルウィリガーRenford A. Terwilligerを探すといい」と指針を示してくれます。タラントに戻ります。

タラントでは記録所(Hall of Records)に行って、こいつが「T’sen-Ang: Horror Among the Dark Elves」というダークエルフの本を書いていることがわかります。本を探しに図書館(会費必要)に行くと、その本自体はありませんがその本について書いた本「Curse of T’sen-Ang」を貸してくれます。本を読むと、カラドン(Caladon)へ行くフラグがようやく立ちます。徒歩なり船なり魔法などで行く。

その後、再びクインタラに戻ってきた時の話は別のエントリーで書きます。

その他のクエストは以下

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【WS】スティルウォーター(Stillwater)

すっかり忘れていそうですが、ブラザー・ワキーム(バージルのメンター)からの本が、血を流す薔薇亭(The Bleeding Rose Inn)に届いています。本と手紙が一緒になっているので、冷静に考えるとかなり変(だが、そんな矛盾すら些細に見えるすごい矛盾がCaladonで見られる)。

ワキームの手紙はMolochean Handに関することで、バージルがまたなんかくっちゃべります。秘密秘密って言いながら、言いたくてたまらないらしい。

ここでやるべきはクインタラの場所特定です。特定には2つの方法があります。(ちょっと込み入っているのでつるっとネタばれしてます)


  1. エルフのMyrthから場所を聞き出す
    Stillwater Giantの生皮を持ってこいと言われる

    地元の研究者のStanley Xavier Hippingtonに話を聞く

    洞窟でジャイアント?を捕まえる

    (Tarantで教授に話を聞く(図書館の手前))オプション

    TarantのH.T. Parnell’sで生皮の偽物を手に入れる。
    ※この後で本物のジャイアントに出会うことがあります。

  2. Shrouded HillsのGaylinから聞き出す。
    Myrthが身につけているアミュレット(Amulet of N’Tala)を盗んでGaylinに返すとお礼に教えてくれます。ちなみになかなか効果の高いアミュレットなので、盗み返すのも手。

その他のクエストについては↓

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【WS】ウィール・クラン(Wheel Clan)

特別メガネなしでは入れません。一度入ると出入り口はそのままなので、メガネは捨ててもいい。

ログヘアー・サンダーストーン(Loghaire Thunder Stone)に会う前に、息子のランドヴァー・サンダーストーン(Randver Thunder Stone)に会って、話を聞きます。クラン戦争やLorekの話を聞いていくと、「ごめん、ちょっと混乱してるんだけど」と出るので(INT10以上)、そこでドワーフの哲学(StoneとShape)を聞いて、うまくいけばそのままログヘアーの部屋に行けます。うまくいかないと地下(Dredge)から這い上がる必要がある。Dredgeはモンスターのレベルが高くて毒が凶悪なので、レベルが低い時はなるべく避けましょう。

ログヘアーからは、ブラックマウンテン・クランはミン・ガラード(M’in Gorad)というエルフに代表されたエルフによって粛清されたと聞かされます。しかし、ログヘアーも語るうちにその話の信憑性に疑問を持ち始めます。エルフはスティルウォーター(Stillwater)の近くの(実際は全然近くない)クィンタラ(Qintarra)にいると情報をもらいますが、確実な場所は分かりません。

以下はログヘアーを仲間にするためのダイアログの運びです。つるっとネタバレです。

ログヘアーとうまく話すのは結構しんどいですが、「まーねー、あんたの哲学はまだ真実味を帯びているからね」→会話→「一人で引きこもってて罪滅ぼしとかありえないし」→会話→「王に復帰して真実と向き合え」で、ログヘアーは立ち直って後々仲間になる可能性があります。

あと、立ち直ったログヘアーがくれる斧ですが、本人すら欲しがらない。何というゴミ。

で、どうでもいいんですが、オヤジが立ち直った後、息子が行方不明になるのは何故だ


他のクエスト

ストレートな依頼ばかりですが、とにかく戦闘が多い。


» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【WS】絶望の島(Isle of Despair)

一度しか行けないので、ここでのクエストは残さず回収しておきます。行く前にダーンホルムのLianna Pel Darから話を聞いておいてください。それからティーチの船の前の本を何とかして盗んでおく。

ここでは島に一人だけいるドワーフ(Thorvald Two Stones)に会わないといけませんが、頭のいいハーフオウガ(Ogdin)に止められます。ピットでの戦いに勝つか、それとも彼に本をあげるかすれば中に入れます。

Thorvald Two Stonesと話をして、ドワーフはこの島に彼以外いないこと、ログヘアー(Loghair)はウィール・クラン(Wheel Clan)の長であることを知ります。ウィール・クランに入るには特別なメガネが必要なので、どうにかして説得してThorvaldを仲間に入れるか、メガネを手に入れるか、メガネの設計図を手に入れるか、アッシュベリーのメガネ屋で注文するかでメガネを手に入れます。

その他のクエスト

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【SH:TA】パブ「呪われた人魚(Cursed Mermaid Pub)」

ひたすらテーブルを拭いているバーテンに船員について聞くと、橋を渡った先にある怒り...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【メモ】久々に聞いた名前

ギャレス・ゲイツがウエストエンドの舞台で主役 すげー久々に聞いた名前だ。ギャレス...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【WS】ダーンホルム(Dernholm)

落ちぶれるだけのかなりどうでもいい王国です。ピット(The Pit)が有名ですが、そういえば行ってない。新聞がありますが拾っても拾わなくても良い。ハーフリングの乞食がいますが、乞食全般は無視してもかまわない。

宿屋にはボリンジャー(Vollinger)がいます。銃製造と化学を知っていますが化学は役に立ちません。リボルバーは使えますが、他は最高レベルの象撃ち銃(ボリンジャーは作れない)以外は買った方がいいです。

それからJayna Stiles(植物学と治療学)がいます。最低でも10はTeckyに傾いていないと仲間になりませんが、Teckyでかつ植物学をやらないつもりなら必要かもしれない。

それから、ここでElite Bow Captainから弓のエキスパート講習を受けることが出来ます。弓はエキスパートにならないと使い物にならないので必須です。そのキャプテンですが、ぐるぐる街中を歩き回っているのでタイミングが合わないとかなり会うのが大変です。しかしこいつからしかエキスパート講習が受けられない。ひどい。マスタークエストでは部下に用事ができます。


主なクエストです(ピット本当に行ってないので分かりません。再プレイしたら書きます)

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【SH:SE】現場からベーカー街へ

ホームズが外に出て、足跡の計測やたばこの吸い殻を採取した後にレストレード警部がやってきます。そのまま二人はベーカー街に戻ります。

ところできちんと確認してないんですが、ホームズはレストレード警部に「ローストビーフ」でも食べようと言っていたはずなんですが、翌日テーブルに置いてあったのはどう見ても魚だった。

ベーカー街では、ワトソン君→本を探す(本棚をクリック&自動的にファイリングされた資料を開く)、ホームズ→証拠(白い布、小さい箱、粉、毛)の研究を机でします。

注意: 思いっきりつまづいたのは「石鹸を溶かした水」でした。水はアルコール燃焼器の上の板に置いてから石鹸の瓶を置くと出来ました。水関連で何かしようと思ったら、板に置くのがまず条件らしい。書いておけ。あとは、ホームズがいちいち独り言形式で指示を出すのでそのまま従えば勝手に解答を出してくれます。

注意2: 白い粉は3つとも全部顕微鏡に置きます。すると「同じ粉だ」とわかるので、それから実験ができるようになる。

実験と本のリサーチが終わったらクイズになります。クイズは YES NO とそれを裏付ける証拠を下のボックスに並べます。(証言、証拠物の報告、本は色で分けられているので、同じ色のものを当てる。報告は赤、本は緑、証言は青)

ちなみに、解説の文章の真下の模様をクリックするとクイズになります。模様じゃないのあれ!矢印なの!ユーザーアンフレンドリーすぎ。

以下はクイズの答えなのでネタバレです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【WS】Ashbury (アッシュベリー)